flower of earth

見えない世界を知り過ぎて守護者から方向転換要請が!?

苦しみの中で生きるということ

f:id:daitinisakuhana:20170725105306p:image

神との対話』を書いたニールの最終巻『神に帰る』の概要を説明しているブログを見ていて【苦しみの中で生きる】と言うことについての気づきを得た。

 

物事は起きるべくして起きている。

そしてそれが起きる事も、自分自身が許可している。

 

苦しみ出来事を経験しても、それは本人(魂)が望んだ事であると。

 

そんな事は、到底その当事者には言えない訳で。すると神は言う。

 

 神   

「苦しみの最中にある人達には、深い同情と優しい愛情を持って寄り添えばいい。

霊的な真実をその人達に言っても、癒せはしない。」

 

苦しみの最中にいる人は『真実』で癒やすことはできない!?(*゚Д゚*)ェ…

苦しみの中にいる人は「同情」を求めていると言うことに!

「同情される」ことは「愛されること」と勘違いしているのね。

かまって欲しいと思っていたり、気にかけて欲しいと思っていたりしている。

その為に「苦しみの中にいる」ということなのね。

 

と言うことはですね、

トラウマの苦しみの中に、私がまだ存在すると言うことは「同情されたい」ということね。

 

同情と愛情との混同もしてないつもりなので、対処するべきは「同情されて得した事」が記憶に学びとして残っているということ。

 

苦しみの中で生きるメリットて何でしょうか。

そんな事を考えていましたら宗教的思考が浮かび上がります。

 

『苦しみの中で生きる人は幸い。

 神に愛される(救われる)のだから』

 

過去生で教えられた宗教的思想は

私達の無意識の奥に

今もなお、秘められて存在していました。

 

 

続けて神が言うのは

「まず寄り添って痛みを癒し、それからその痛みを創り出した思考を癒しなさい。

痛みが癒されれば、人は「真の犠牲者などいない」との認識レベルに到達できる。」

 

だからこそ、思考を置き換えるエネルギーワークを始めたけれど、今後はその技術も神に取り上げらるかも知れませんね。

何故なら良くない方向に使われ始めているから。

 

「癒やす」というのは、感情や記憶の話です。

思考を消しただけでは「癒せない」のが現実のよう。

全ての現実を起こしているのは自分自身(の思考)だと知れば、誰かを恨むことなく、自分を改めるしかなくなります。

 

それを認められない内は、

常に誰かのせいにして、苦しみの中に居続けなくてはならないようです。

 

 

****

神との対話』を書いたニールの最終巻『神に帰る』の概要を説明しているブログはコチラ

http://naotatsu-muramoto.info/kamihekaeru/kamihekaeru4.html

クリアリングは記憶の断捨離

私がヒーリングを学んだ理由

チャネリングするために自分をクリアにする為でした。

 

いざ始めてみると、テクニックなしで変化を起こせるほど得意なものでした。

私が学んだヒーリング手法は原因追求して思考を変化させるもの。人生に起る出来事の理由などが解り、もっと楽にヒーリングをするためにもクリアリングにのめり込んでいきました。

 

ヒーリングが得意なのは過去生の能力の遺産。

でも同時に負の遺産もあるわけで、過去生の能力があるという事は、過去の記憶が残っているという事。過去生の思い込み思考や学びや呪いなども残ってるということに。

なので、過去生の記憶ごと断捨離していく。

(正確には『させられている』のが正しい(˘έ˘) 

 

そんな時、久々に繋がった彼がよく分からない事を言い出しました。
「知識は大切。でも記憶は不要」


知識と記憶は違うのか?と

疑問が湧いてその真意を追求していましたら、衝撃的な答えとなりました。


『記憶は思い込み思考によって作られる!
記憶は偽物だ!と。(感情も含む)』

 

だから記憶は手放すんだよと。。

ナント(*゚Д゚*)…

 

あぁでも、人の記憶って曖昧なものですよね。

無条件に納得させられます。

 f:id:daitinisakuhana:20170725111518j:image

学びを断捨離

子ども時代から『悟り』や『人生の学び』みたいなものに無意識に傾倒し、人の心理というものに興味を持ち、他人分析や自分分析をしながら生きていました。

ヒーリングを学ぶようになると、全ては自分の問題として、引き寄せや波動の法則により現実が起きている事を知る学びを始めることに。

 

ヒーリングによるクリアリングは、私を守護する存在による勧めでもあり、永らく協力されて今があります。

 

今になり彼らは言う。

 

『学ばなくていい』

 

もう学びは必要ない時代になる。

全ての人がそうと言うわけではないけれど、次第にそうなる。

 

エネルギーだけではどうにもならないよ。(時間の法則の影響があるので)行動して次の変化を受け入れるとき。

心と身体と魂のバランスを取ることが大事なんだ。

全てをエネルギーでどうにかしようと思うな、と。

 

どうやら、ヒーリングによるエネルギー変化に対する『依存』傾向が私に現れて来たのかも。

 

守護者たちはそこに警笛を鳴らす。

 

ヒーリング能力を取り上げられたひとつの理由のようでした。

 

ただ大きなトラブルは、沢山の要因の重なりによって起きてます。全ての問題が私の耐えうるキャパシティを超えて面に現れたということ。

 

学び思考だけでなく、学びに対する依存もあったようです。(˘έ˘)

 

それはきっと、自己浄化に目覚めさせるためであったのかな。

 

ヒーリングをやめる事は、過去を無駄にするような感じがありました。これも過去(実績)に対する依存ですね。

 

数年ぶりにヒーリングをやめて、学びをやめて、次のステージへの準備を始めようと思います。

 

まずは『捨てる』ことから。

意識上、現実含めて全てへの断捨離。

 

f:id:daitinisakuhana:20170706113435j:image

** 断捨離とは**

断捨離は仏教用語を組み合わせた造語であり、煩悩を断ち(断)、煩悩を捨て(捨)、執着を離れて(離)、悟りの境地に達することを指します。

だそうです(ό௰ὸ)

 

断捨離の元祖はやましたひでこさんかな?

https://yamashitahideko.com/

他人の人生への霊的介入は穢れを背負う?

無駄な思考を置き換えてクリアリングをしていくと、ズンズン奥深くに存在するネガティブなエネルギーが強い威力を発揮し始めます。

 

クリアリングは適当なレベルで満足を得るのか、トコトコんまで向き合うかのどちらかしかありません。

 

適当なレベルだと人生を変える程の大きな変化になりませんが、その分安全です。

トコトコん向き合えば、いつかはゴールにたどり着く。私はそう感じてます。

 

先日『他人の人生に介入すれば穢れを負うものだ』と言われました。

穢れの内容はたぶん人それぞれ。

ただの邪念かも知れないし、相手の先祖の怒りのときも。他人のカルマを背負う事もあるかも知れませんね。

 

霊的な能力を他人のために使おうと思う人は、多かれ少なかれ『助けたい』という想いがあるから。

救いたい、慰めたい気持ちが強まり『肩代わりしたい』まで来ると先に書いたような『穢れを負う』事に繋がるようです。

 

自分を犠牲にして救える人は、ほんの僅か。

自分が死んでしまえば、誰も助けることは出来ませんし、そうやって助けられた人はまた『同じ事を繰り返す』ものです。

そこに気づいて『他人の問題を肩代わりせず、本人が繰り返さないように解決の道を標す』方法を考えて行きましょう。

 

過去に出会った人の中に、

家族の不運を妻が独りで引き受けてガンになったヒーラー様がいらっしゃいました。

気持ちは分かるのですが、何かが違うとそう思って仕方ありませんでした。

 

 

 

 

 

言葉に表現できないくらい全てを愛してる

先日、私の中にある他人のエネルギーブロックを外していくと、不意に私のハートチャクラが100%開いてしまいました。

時期直ぐに閉じたのですが、開いたときの感情が忘れられません。

直ぐに感じ取った感情はこんな感じでした。

 

愛してる

愛してる!

愛してる!!

言葉では表現できないくらい

無限にすべてを愛してる!!

 

凄く強く、凄く大きな感情。

誰かに愛されているから愛してるわけでもなく、感謝を超越したような強く大きな無限の愛のエネルギーに突き動かされて『愛してる!』としか表現しようのない愛が溢れ出てきました。

 

衝撃的でした(((゚Д゚)))

 

そんな私にガイドたちは

( ´^,_」^)ぷ♪っとしてました…

 

 

 

ずっと思っていたこと

なぜ「(ヒーリングを)やめろやめろ」とメッセージかが来るのか、肉体の邪気が昇華されるのを恐れてそんなメッセージを送って来てるのではないかと、心の奥で思っていた。


いろんな原因が、バランスが整って、私の不運は起きたのは理解している。


全ては幸せや喜びへの抵抗と思っていたけれど、トラブルの引き金となった偽ツインレイの仕業でもある事がわかった。


私の心を壊し、ヒーラーとしての能力に傷をつけた意識上でのみ出会ったカレ。

闇の中にいたカレに小さな愛の光を埋め込んだのだろうか?

私のヒーリングに嫌悪していたはずなのに、次第に安心を得るようになり、愛への欲望は執着と嫉妬を呼び最後には恨みとなる。

闇から抜け出したい思いに目覚めたのか、私に自分のカルマを移すという真似をしている。どうりでカレのエネルギーが途切れないはず。ただの死者ではなく彼が背負っているものたち(彼と同化した悪霊または悪魔)に繋がるわけだ。

強制的に浄化させようとしていたなんて。

私が自己浄化すればするほどカレのカルマを代替わりで浄化している事に。

なるほど、という感じ。


高次元は他人をヒーリングする事をNGとして、私自信の浄化も高次元に任せろという。

逆に言えば「任せる(委ねる)」ことでのみ私は守られる。

とはいえ高次元は完全服従を求めてくるが、その隙を見て悪魔が入り込む。その度に「疑い」が芽生える。

安全ではないのに「完全服従」とは、なかなか難しいことを求められるものだ。


ヒーリングを辞めると、負のエネルギーが止まるこたから、全てが高次元の仕業なのだろう。私が完全降伏・完全服従するまで、続けるようだ。


そしてまた、偽ツインレイとのエネルギー的繋がりを切るために、私は一旦、天職ともいえるヒーリングを辞めなければならないという事を、トラブが起きてから二ヵ月経とうとする今日気づく事ができた。






無料占いも侮れませんな

f:id:daitinisakuhana:20170706122626j:image

大切なモノを失って哀しみにくれる私に、機械が選択したメッセージが、なかなか胸に突き刺さる。

運を下げないように、顔を上げて行かなくちゃ!