flower of earth

見えない世界を知り過ぎて守護者から方向転換要請が!?

苦しみの中で生きるということ

f:id:daitinisakuhana:20170725105306p:image

神との対話』を書いたニールの最終巻『神に帰る』の概要を説明しているブログを見ていて【苦しみの中で生きる】と言うことについての気づきを得た。

 

物事は起きるべくして起きている。

そしてそれが起きる事も、自分自身が許可している。

 

苦しみ出来事を経験しても、それは本人(魂)が望んだ事であると。

 

そんな事は、到底その当事者には言えない訳で。すると神は言う。

 

 神   

「苦しみの最中にある人達には、深い同情と優しい愛情を持って寄り添えばいい。

霊的な真実をその人達に言っても、癒せはしない。」

 

苦しみの最中にいる人は『真実』で癒やすことはできない!?(*゚Д゚*)ェ…

苦しみの中にいる人は「同情」を求めていると言うことに!

「同情される」ことは「愛されること」と勘違いしているのね。

かまって欲しいと思っていたり、気にかけて欲しいと思っていたりしている。

その為に「苦しみの中にいる」ということなのね。

 

と言うことはですね、

トラウマの苦しみの中に、私がまだ存在すると言うことは「同情されたい」ということね。

 

同情と愛情との混同もしてないつもりなので、対処するべきは「同情されて得した事」が記憶に学びとして残っているということ。

 

苦しみの中で生きるメリットて何でしょうか。

そんな事を考えていましたら宗教的思考が浮かび上がります。

 

『苦しみの中で生きる人は幸い。

 神に愛される(救われる)のだから』

 

過去生で教えられた宗教的思想は

私達の無意識の奥に

今もなお、秘められて存在していました。

 

 

続けて神が言うのは

「まず寄り添って痛みを癒し、それからその痛みを創り出した思考を癒しなさい。

痛みが癒されれば、人は「真の犠牲者などいない」との認識レベルに到達できる。」

 

だからこそ、思考を置き換えるエネルギーワークを始めたけれど、今後はその技術も神に取り上げらるかも知れませんね。

何故なら良くない方向に使われ始めているから。

 

「癒やす」というのは、感情や記憶の話です。

思考を消しただけでは「癒せない」のが現実のよう。

全ての現実を起こしているのは自分自身(の思考)だと知れば、誰かを恨むことなく、自分を改めるしかなくなります。

 

それを認められない内は、

常に誰かのせいにして、苦しみの中に居続けなくてはならないようです。

 

 

****

神との対話』を書いたニールの最終巻『神に帰る』の概要を説明しているブログはコチラ

http://naotatsu-muramoto.info/kamihekaeru/kamihekaeru4.html